*

消費税が上がれば得する業態

公開日: : 農業コンサルタント

消費税が上がって、のど元を締め上げられるように経営が苦しくなる中小企業が増えています。

ところが、消費税が上がって逆にもうかっている業種もあるのです。

それが、輸出業者と集落営農です。

これを理解するには、消費税の計算方法を知らねばなりません。

消費税の計算方法には2つあり、一般課税と簡易課税とがあります。

<一般課税>

納付消費税額=課税売上に係る消費税額ー課税仕入に係る消費税額

<簡易課税>

納付消費税額=課税売上に係る消費税額ー課税売上に係る消費税額×みなし仕入率

 

簡易課税では、かならずプラスになり、かならず納付しなくてはなりませんが、

一般課税では、マイナスが多ければ、逆に還付を受けられます。

 

輸出業者は、国内売上が0ですので、マイナスになることが多く、還付を受けられることが多いのです。

集落営農は、交付金が多いため(これは課税「売上」にはならない)、消費税の計算上、還付を受けられることが多くなります。

今後、軽減税率が導入されると、農業の場合は、還付を受けられる可能性が大きくなります(一般課税の場合ですが)。

すなわち、消費税が上がれば還付も増える仕組みになっています。

しかし、この計算が面倒なので、簡易課税でやっているところもあるんですよね。

もったいない気もします。


関連記事

no image

新マルキン2ヶ月連続発動 H26.9.10日農

肉用牛には新マルキンという補助金がありますが、2ヶ月連続で発動されたそうです。今後も発動が続くようで

記事を読む

no image

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」

記事を読む

no image

石炭火力からCO2回収 米が最大設備 H26.8.22日経

今日の日経の夕刊です。 原子力発電が止まった現在、日本でも石炭火力発電所がフル稼働して

記事を読む

no image

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。 そのかわりといってはなんですが、 先日は、東京

記事を読む

no image

子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている神田譲市さんの記事が出ています

記事を読む

no image

九州は出生率が高い(H26.6.5日経)

言うまでもなく人口は経済の重要なファクターですが、日本は人口減が続いています。 ピーク

記事を読む

no image

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。  

記事を読む

くまもと里モンプロジェクト

熊本里モンプロジェクトという熊本県の農業補助金があります。 「美しい景観の保全、創造」

記事を読む

no image

今年のコメの仮渡金

コメは、収穫後、農協に出荷した際に、一旦仮渡金という形で売上をもらいます。 そして、コ

記事を読む

no image

六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、6次化に取り組まれている広瀬徹

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑