*

【農地法4】耕作放棄地とは

公開日: : 未分類, 農地法

耕作放棄地とか、荒廃農地とか、遊休農地など、似たような単語があります。

それぞれ定義があります。

 

耕作放棄地とは、「以前耕作していた土地で、過去1年以上作物を作付けせず、この数年の間に再び作付けする考えのない土地(森林・原野化している土地は含めない)」です。

 

遊休農地とは、「現に耕作の目的に供されておらず、かつ、引き続き耕作の目的に供されないと見込まれる農地」です。

 

荒廃農地とは、現に耕作に供されておらず、耕作の放棄により荒廃し、通常の農作業では作物の栽培が客観的に不可能になっている次のいずれかの農地、すなわち

1 笹、葛などの根の広がる植物が繁茂しており、地表部の草刈りのみでは作物の栽培が不可能な状態の農地

2 木本性植物(高木、灌木、低木等)を除去しなければ作物の栽培が不可能な状態の農地

3 竹、イタドリ等の多年生植物が著しく生長し繁茂する等により、作物の栽培が不可能な状態の農地

4 樹体が枯死した上、つるが絡まる等により、作物の栽培が不可能な状態にある農地

5 1〜4までのほか、現場における聞き取り等から明らかに荒廃農地と判断される土地

のことです(新日本法規出版)。

 

どう違うのか。

作付けする考えがない → 耕作放棄地

作付けするかどうかに関係なく耕作されていないし今後も耕作されないよね → 遊休農地、荒廃農地

もうどうしようもないね → 荒廃農地

ということのようです。

ただし、荒廃農地であっても、農家が「農地として認識していない」場合、つまり山林や原野だと思っている場合は、耕作放棄地ではありません。

 

で、この荒廃農地をほっとくと、動物や害虫の被害で周りに迷惑をかけてしまうので、各市町村と農業委員会が現場確認することになっています。

 

この3分類は、分かりづらいので、いろいろなところで混同されています。

何を隠そう、私の大学の卒論は「遊休農地の解消」がテーマでしたが、見事に区別していません。

 

熊本県では、耕作放棄地の解消について補助金が出ています。

企業参入で農業を始めると、耕作放棄地があてがわれることが多いので、この補助金を使わない手はないですね。


関連記事

no image

熊本地震 農水省支援内容(H28.5.9)

農水省の震災支援内容。 個別農家が対象になるのは、以下のとおり。 ○共同利用施設復旧 補助率3/

記事を読む

no image

【農地法2】農地の定義

しばらく間が空いてしまいました。前回の続きで農地法について見ていきます。 農地とは何でしょうか

記事を読む

no image

東大出身者は幸せなのか

昨日、東大出身者は幸せなのか?というテーマのテレビ番組がありました。 私も一応東大出身者なので

記事を読む

no image

【農地法1】農地法とは

農地法について見ていきたいと思います。まずは歴史から。 1946年 自作農創設特別措置法、改正

記事を読む

no image

【iphone】 チェインクロニクル

◆◇◆◇セガが贈る正統派本格RPG!◇◆◇◆ 〜キズナが物語を強くする〜 -本当に面白い

記事を読む

天草倶楽部

7/10、天草倶楽部で講演します。 チラシがあったので、撮ってみました。

記事を読む

no image

青年等就農計画の注意点

熊本県の出先機関から聞き取った内容です。 新規就農の際に、青年等就農計画をだして認定されれば、

記事を読む

no image

介護タクシーの許可申請一区切りつきました

介護タクシーの許可申請を受任しておりましたが、先般、運輸支局に書類提出が完了しました。 今回の

記事を読む

no image

【android】白猫プロジェクト

世界は、君の指先に託される―― コロプラが贈る「王道」RPG、ついに始動。 その名もワン

記事を読む

no image

【農地法3】耕作放棄地の扱い

耕作放棄地は、現在農地として使われてはいませんが、非農地扱いになるためには、高いハードルがあります。

記事を読む

no image
農業参入の負けパターンのひとつと考えられるもの

一般企業が農業に参入する場合の負けパターンのひとつに、「形から入る」と

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑