*

「 月別アーカイブ:2014年04月 」 一覧

弁護士たちと意見交換

大学の同期の弁護士や、先輩の一級建築士の方といろいろ話しました。 行政書士のサービスってのは、今後減って行くだろうし、定型的な業務は、資本の大きな会社が進出してくれば、零細事業者は吹き飛ばされる。

続きを見る

農地の区分

農地を転用したいとなったとき、まず確認しなければならないのは、農地の区分です。 農地、といってもいろいろあるのです。 まず、農振農用地。これの区域だと、まず転用は難しいです。 次に甲

続きを見る

農業の補助金

農業の補助金について、H21の『農業経営者』に特集が組まれていました。 要約するとこういうことです。 農水省全体で470あるが、使えるのは少ないし、農家もあまり分かってない(実態は農協向け

続きを見る

売掛金のリスク

2014/04/18 | 債権回収

農家さんは、これまで一般には農協に加入していました。 生産して出荷さえすれば、あとは農協が売ってくれました。よって、売掛金の回収など考える必要はなかったのです。 しかし、最近は農協に出荷し

続きを見る

公庫と一口に言っても。

2014/04/18 | 融資サポート

行政書士には、「公庫等金融機関への融資申込」が業務として認められています。 公庫とは、日本政策金融公庫のことです。 いわゆる政府系金融機関です。 昔は住宅公庫を初めとして、たくさんの

続きを見る

債権回収

2014/04/18 | 債権回収

筆者は政府系金融機関に10年間勤務しました。 経理、融資の営業、融資の審査、債権管理、債権回収、不良債権の処理など、融資業務と言われるものは全て経験しました。 銀行がどんな人に貸したいか、

続きを見る

農業への理解

農業は、建設業などの他分野とは違い、ものを作る(make)ではなく、ものを育てる(grow)産業です。ここから、いろいろな点が他産業と異なってきます。 一番大きいのは天候に左右されるという点です

続きを見る

農業の短期就労認めて

2014/04/18 | 農業労務

先日の日経新聞によれば、 政府の経済財政諮問会議と産業競争力会議の民間議員が4日の両会議の合同会議に出す外国人材の活用に関する提言案がわかったそうです。 「現在は技能実習でのみ受け入れを認めてい

続きを見る

事業再生

東京商工会議所の知人に聞いてみましたら、行政書士も、認定支援機関になれるそうです。 これは、事業再生が今ブームなのですが、民事再生等の法的再生とは別に、私的整理の一つとして、中小企業再生支援協議

続きを見る

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑