*

「 農業コンサルタント 」 一覧

六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、6次化に取り組まれている広瀬徹雄さんの記事が出ています。 【内容のポイント】 ーーーーーーーーーーーーーーー ・

続きを見る

新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼料用トウモロコシの雌穂だけを発酵させるもの)に取り組まれているジェネシス美瑛代表の浦敏男さんのインタビュー記事が出ています。

続きを見る

子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている神田譲市さんの記事が出ています。肥育期間の考え方が興味深いものでした。 【内容のポイント】 ーーーーーーーーーーーーー

続きを見る

「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられています。 【内容のポイント】 ーーーーーーーーーーーーーーー   ・「GAPする」:作業の点検

続きを見る

JA柏崎の担い手経営コンサルティング内容

H29.8.21の日本農業新聞に、新潟県のJA柏崎の担い手への経営コンサルティング事業が紹介されています。地域農業の担い手に出向くJA担当者(愛称TAC)による「農業者所得20%アップ2020」活動を

続きを見る

農業のIT活用

H29.8.18の日本農業新聞は、農業のIT活用について多くの記事が出ています。   【内容のポイント】 ーーーーーーーーーーーーーーー   ○放牧地

続きを見る

台湾 農訓協会の研修

H29.8.17の日本農業新聞より。 台湾では、農会(農協)の教育部門を担う「農訓協会」が、「考える力」の向上を主眼にした職員教育に力を入れているとのこと。 【内容のポイント】 ーー

続きを見る

TPP女子高生風和訳 第1章第2条、第2章第1条

TPPの対策関連予算ができつつあるそうです。 柱は、土地改良と、畜産クラスターと、産地パワーアップ。 土地改良はぶっちゃけ土建業者のためにあるようなもんだと思うのですが。 畜産クラス

続きを見る

12/7熊本朝日放送 K-Tube

本日(H27.12.7)の18:54〜、熊本朝日放送のK-Tubeという番組で放映されました。 1分くらいですが、よろしければどうぞ。   https://www.yout

続きを見る

TPP女子高生風和訳2 第1章第1条

第1章 さいしょのきまりだぴょん 第1条 目的 1 この決まりは、あたしたちの間でTPPを作るものなんだけど、みんなの関心とかみんなの地域の関係を深めることに基づくものなのね。 2 

続きを見る

TPP女子高生翻訳1 序文

TPPの対策が種々取られようとしています。 そこで、TPPの全容について、原文に当たってみたいと考えます。 単に訳すのはつまらないので、女子高生風に訳してみます。あくまで私訳ですので、信用

続きを見る

マイナンバーの農家への影響は(H27.9.29日農)

今日の日本農業新聞に、私の名前が出ております。犯罪者ではありません。 マイナンバーもいよいよ10月から通知されることになります。 農家への影響は、ということで先日取材があったのでした。

続きを見る

無料セミナー「マイナンバーと農業経営」

「農業 補助金 行政書士」で検索すると、当方のページが1位に出てくるようです。   マイナンバー法により、10月にはマイナンバーが国民一人一人に配布され、来年1月からは実務がスタ

続きを見る

【NEWS LETTER】今月の農業経営〜地理的表示保護制度〜

〜メルマガからの転載です〜 熊本も暑くなってまいりました。 本日6/1は、私が行政書士登録をした日で、ちょうど1年が経ちました。 みなさまのおかげで、無事1年を経過しました。 有難うご

続きを見る

知的資産経営

ばたばたしておりご無沙汰になっておりました。 そのかわりといってはなんですが、 先日は、東京にて日本行政書士連合会主催の中小企業支援フォーラム があり、それに参加してきましたので、その内容を

続きを見る

【今週の農業経営】

今週のメルマガの内容です。お問い合わせのあった方などへ配信しています。   ------------------------------------ 設備更新、光熱費増加で悩む

続きを見る

出口戦略から考える農業経営

先日、日本政策金融公庫熊本支店農林水産事業が主催する「平成27年食と農林漁業者の交流会INくまもと」に参加してきました。 講演は、オイシックス株式会社から、「出口戦略から考える農業経営」と題して

続きを見る

【新規就農2】青年就農給付金(経営開始型)

平成24年度から創設されたものです。 以下の要件があります。 ア 独立・自営就農時の年齢が、原則45歳未満であり、農業経営者となることについての強い意欲を示していること。  

続きを見る

【新規就農1】認定就農者の認定申請と青年就農給付金(準備型)

従来は、「青年等の就農促進のための資金の貸付け等に関する特別措置法」により、都道府県が認定する制度でしたが、平成26年度より、「農業経営基盤強化促進法」による「青年等就農計画制度」が発足しています。

続きを見る

今後の為替の方向感

円安が続いているので、資材代があがり不安感をもっている方も多いと思いますが、世界情勢から、今後どういうふうになっていくか、まとめてみました。   結論としては、今後も円安が続くだ

続きを見る

no image
後継者とアイデアの生まれる場所

H29.9.4日本農業新聞に、埼玉県狭山市でJAいるま野の青年後継者組

no image
六次化へのヒント

H29.8.29日本農業新聞に、千葉県柏市でフルーツトマトを生産され、

no image
新しいことに対する抵抗への対処方法

H29.8.28日本農業新聞に、北海道美瑛町でイアコーンサイレージ(飼

no image
子牛導入費と肥育期間の考え方

H29.8.22日本農業新聞に、宮崎県えびの市で和牛肥育を営まれている

no image
「GAPする」と「GAP取る」

H29.8.22の日本農業新聞に、GAPについてわかりやすくまとめられ

→もっと見る

  • TEL 096-202-7378

    FAX 096-300-3064

    Email info@h-maenosono.com

PAGE TOP ↑